acne_img32

ニキビケアのできる化粧品は沢山ありますが、ニキビケア化粧品の中に配合されている成分がどのような作用をするのか、その働きを知っておくだけでニキビ化粧品をどのように選ぶか、自分に合ったニキビケア化粧品は何なのかを見極めて選ぶことができます。

ニキビケア化粧品に配合されている成分について紹介します。

 

ビタミンC誘導体

最もポピュラーで昔からよく知られている成分がビタミンC誘導体ではないでしょうか。この成分は、ニキビ跡を薄くするのにも効果がありますし、毛穴を引き締めてくれる効果も期待できます。抗酸化力が高いのでアンチエイジング化粧品でも多く使われています。美白効果も期待できるので、シミ予防にも有効です。シミとニキビケアをしたければビタミンC誘導体が配合されているコスメを選びましょう。

 

イソフラボン

女性ホルモンと似たような働きをするといわれているイソフラボンは、肌をしっかり保湿してくれるのに役立ちます。ホルモンのバランスを整えて肌あれを改善させてくれる成分です。

 

プラセンタエキス

プラセンタエキスは肌の代謝を高めて、ニキビの治りを早くしてくれます。そしてシミの予防も可能な成分です。肌全体に透明感を出すことができます。

 

ビタミンB

最近注目されているのが、ビタミンBです。サプリメントでは美肌のためのサプリとして有名ですが化粧品で配合されたものが増えてきたのは最近です。飲んでも効果アリの成分ですので肌に塗っても効果は期待できそうです。

 

イソプロピルメチルフェノール

ニキビ治療薬に配合されている殺菌効果のある成分です。この成分は薬にも配合されているので化粧品に配合されているものは医薬部外品扱いの化粧品です。刺激が強すぎることもあるので肌の弱い人は注意して使いましょう。

 

グリチルリチン酸

かゆみを抑えたりする薬にも配合されています。美白効果のある成分として甘草が有名ですが、その甘草の成分になります。アレルギー症状を和らげる化粧品にも使われています。

 

イオウ

イオウ配合の化粧品は、ニキビを早く治すのに効果的です。皮脂分泌をコントロールして治療していくので若干肌が乾燥することがあります。大人ニキビはあまりイオウで治療することは少ないです。皮脂分泌が過剰な場合は効果が期待できます。

 

サリチル酸

ニキビを治すのに有効な成分として昔から知られているのがサリチル酸ですが、刺激が強いので肌トラブルを起こす人もいます。 合う人は早くニキビが治るので継続して使うと良いでしょう。